カードローンの利用限度額

カードローンの利用限度額の増額申込

消費者金融のカードローンに申込むと始めに「利用限度額」が設定され、利用者は利用限度額の範囲内でのみ借入ができます。また、初めての申込の場合は実績が無いため、利用限度額が少額に設定されるのが一般的です。

 

逆に、少額の設定の裏を返せば利用限度額に枠があるということであり、カードローンの利用状況によっては増額が可能ということです。ただし、増額の申込をしたからといって無条件で認められるわけではなく、審査に通ることが前提です。

 

審査に通るにはまず、半年以上、継続的にカードローンを利用していることが必要です。定期的な借入と確実な返済を繰り返すことで、業者から優良な顧客であるという信頼を得ることが重要です。当然、自社のみではなく、他社に対しても返済事故を起こしていないことが絶対条件です。現在は信用情報が全業者で共有されているため、事故があるとすぐにその情報が知れ渡ります。

 

そして、他社からの借入が少ないということも重要な審査材料になります。利用限度額を増額するということは当然、利用者に返済能力の余力が必要であり、他社との契約が多ければ返済能力に疑問視されます。

 

なお、誤解している人もいますが、返済能力は利用限度額の総額で判断されます。仮に、貸金業者全社から実際に借りている金額が30万円でも、全業者の利用限度額の総額が100万円の場合は100万円を借りたと仮定して返済能力を問われることになります。

 

ちなみに、現在は総量規制が導入されているため、年収の3分の1以上の利用限度額の設定はありえません。