消費者金融 金利

キャッシングの会員ページなどでいつでも行える増額申込み。気軽に申し込んでみたことがあるという人も多いのではないでしょうか。ですが、ノーリスクにみえる増額申込みにも意外な落とし穴があります。それは増額申込みによって減額されてしまう場合があるということです。

 

減額されてしまう理由

 

増額申込みをすると審査が行われ、それに通れば利用限度額がアップされます。場合によっては金利も安くなるでしょう。ただし、契約条件が有利になるのは以前よりも信用力が上がっている場合だけです。逆に収入が減っていたりした場合、信用力が低下するので限度額もそれに見合った金額に変更されます。つまり限度額が減額されてしまうのです。

 

 

増額申込み=再審査

 

増額申込みは、単なる増額のチャンスというわけではありません。増額申込みは、実は再審査の申込みであり、契約条件の変更を申請するものなのです。そのため、申込みをした人の経済状況によって契約条件は有利にも不利にもなります。当然、減額されてしまうこともあるわけです。ですから、あまり気軽に増額申込みをしてしまうのは考えものです。増額申込みには、以前よりも信用力が上がったことを確信してから、きちんと準備をしたうえで申込みをするべきなのです。